難聴になってしまうと、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)出来ないと思っている人も多いでしょう。 しかし、難聴になっても就職することはできるので、安心してください。 実際、難聴という問題を抱えながら就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)行っている方は世の中にたくさんいるのです。 但し、難聴が重度ともなれね、仕事を選ばないといけなかったり、就職先を探すのに苦労する可能性があります。 一方、軽度の難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)であれば、ある程度の仕事には就けるのようです。 難聴の人の場合、難しいのは就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)してからでしょう。 就職は可能なんですが、実際に働き始めた時に、色々な問題を抱えてしまうことが多いです。 例えば、同僚との会話に入ることができなかったり、なんども聞き返してしまったりして、居心地の悪さを感じる可能性があるのです。 それをも避けるためにも、就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)する時に絶対にした方が良いのが、難聴を隠さずに正直に伝えるということなんですね。 最初に自分が難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)だと伝えることで、働きやすくなりますし、自分の心も軽くなります。 難聴を最後まで隠し通そうとすると、会社に迷惑をかける可能性がありますし、自分もだんだん辛くなっていくでしょうー